« 2007年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2007/06/09

ARABAKI漫遊記 PART②

2日目、仙台市のホテルから駅前へ。バスの中で半目になりながら、一路会場へ・・・。

何時間ぶり?また来てしまったこの会場、だらーっっと物販コーナーへ。タオル、Tシャツなどなど、やっぱ買っておかないと。
「荒吐」Tシャツを着て、よし!出陣!

10:00 ARAHABAKI フルカワミキ
遅くなったが、一発目、フルカワミキ!ご存じ、惜しくも解散してしまったSUPERCARのBaである。同郷なもので、なんか応援したくなります。ちょっと自慢だが、私が以前やっていたバンドと同じスタジオを使っていたそうで、面識はなくとも、なんか親近感が・・。
お?Gは、ナカコーでない?おお!!!それこそ実家のご近所の中村くん、これまた面識ないが、かってに仲間意識。相変わらずアンビエントな感じの音を出しまくりのナカコーです。ミキちゃんはというと、あの声がたまらない。心地よいです。「サイコア×リカ」キャッチーでかっこいい!オシャレなんだけど、やっぱりロック。いいねえ。

サイコアメリカ(初回生産限定盤)(DVD付)
フルカワミキ
BMG JAPAN (2007-03-21)
売り上げランキング: 28894

11:45 MICHINOKU BEAT CRUSADERS
おっしゃ!ビークル!これが見たかった!!!!!!!!
MICHINOKUのステージ、ビークルは大物なんだなーと実感。会場すごい人はいってる!こりゃあ、すごい人気者になったもんだ。
ビークルも数度見に行ったことがある。theBandApartと、ASPARAGUSと、一緒にまわっているライブを見に行きました。ASPARAGUSと一緒のツアーのときに、ヒダカのお面をゲット!!!!で、その後、なんと!物販コーナーにいるヒダカに声をかけると「今日のラッキーボーイです。」といわれちゃいました~!まあ、同じくらいの年なので、ボーイじゃないですが・・・。まあ、このくらい好きなのです!
ビークルスタート!お約束「〜Sasquatch〜」で入場。お面を投げて一曲目「Fool Groove」、Your Song IS Goodとのスプリットでやったやつじゃないですか!Drマシータの裏打ち、かっこいい。その後数曲、で、きた!「FAIRY TALE」、ASPARAGUSとのスプリットのやつ、ビークルバージョンだあ!いやあ、癒される。
そしてとうとう最新曲「GHOST」何回聞いたべ?って思うくらい、テープだったらすり切れるんだろう、くらい聞いている曲、もう最高です。ヒダカのMCで「CDTV見たら、14位でした!」客「うお!!!」と、ノリにのってる証拠じゃあ!この曲は、なんかテンションコードの響きがぐっときます。これって、ASPARAGUSとのスプリットのたまものなんでしょうか・・・新しいビークルを感じさせます。ちょっと涙が・・・。
追い打ちをかけて、「Another Time/Another Story」だあ!!!「ASIAN KUNG-FU GENERATION Presents NANO-MUGEN COMPILATION 2006」に入っていて、もう少しで出るアルバムにも入っているらしい曲です。これがまた涙もの、あれ?客のノリが悪い。しらんかったのか・・・。すごいいい曲です。裏打ち、キャッチーなメロ、かっこいいギター2本のからみ・・・。ビークルのこの路線、やられます。
いがったぁーへろへろになったんで、ちょい休憩。ビールビール・・・。
あ、アジカン行かなきゃ!!!
EPopMAKING~Popとの遭遇~(初回生産限定盤)(DVD付)
NIGHT ON THE PLANET
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO MUGEN COMPILATION 2006

13:00 MICHINOKU ASIAN KUNG-FU GENERATION
うあああ!すごい人、人、人・・・。入れん・・・。離れて見るか。
細かいのですが、アジカンのDrのハイハット・シンバルが素敵と思っておりました。ドラミングはもちろん、きっとMIXがぐっとくるんだなーと。で、実際生で聞いたところ、やっぱ金物の響きがかっこいい。Drのプレイなんだろうな。ギター2本の絡みも絶妙で、歌もキャッチー、これはみんな見たいはずだよ。当たり前のことを言いますが、ほんと音がいいバンドです。
「ブルートレイン」最高でした。
フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)

14:15 TUGARU HEATWAVE
ぶらーっとTUGARUへ。HEATWAVEがやってる。HEATWAVEって、すごい昔からやってる感じが・・・。あまり詳しくないが、かなり昔に「かっこいいな」と思ったことを思い出しました。そういえば、SOUL FLOWER UNIONとなんかやってたな・・・。フォークでロック、大人な感じです。
移動!ん?遠くから聞こえる音は、髭(HiGE)だな・・・。
LONG LONG WAY-1990-2001-
Peanuts Forever

14:30 MICHINOKU Dragon Ash
ちょっと見たいなーとMICHINOKUへ。始まってる。これまた人すごい・・・。ステージ遠い・・・。
Dragon Ashは一時期すごくはまりました。「Let yourself go,Let myself go」、DJ BOTSが入ったあたり、聞きまくりました。その後、ちらほら・・・最近の曲は知りません・・・。ライブスタート!DJが入ったバンド、かっこいいなあ。Keyboardとは違って、音がかっこいい。
それと、お?ダンサー、そうだ、メンバーにダンサーがいるんだった。ダンサーかっこいい!離れて見ていても分かる大きな動き、エンターテイメントとして、ダンサーはアリですね。Kj登場!意外と小柄な人ですね。生で見るから分かること、ライブ来てよかった・・・。曲調はメキシカン?スパニッシュ?ワイルドな感じが気持ちいい。アコギのカッティングが素敵です。
ギターのHIROKIですが、我がバンドも出ていたイベントに「ストロボ」というバンドで来ていたような。スリーピースで、ウッドベース、ドラム壊れるんじゃないかと思うほどのあばれっぷり、あれはショックでした。ほんと脳裏に焼き付いているバンド、あのギターがHIROKIでした。会ってるんだなあ、これが。
曲はそんなに知りませんが、おもしろいかも。あと、客をのせるのがうまかった。さすがです。

またまた休憩、飯を食う。ビールビール・・・。
INDEPENDIENTE(初回限定盤)

15:40 ARAHABAKI THE BACK HORN
バックホーンです。以前「涙がこぼれたら」にはまり、ライブを見に行きました。鬼気迫るVoとGがすごく良かったのを覚えています。
今回のステージ、次があるものでちょっとしか見れなかったけれど、相変わらず勢いがあってすげーかっこいい。
後ろ髪引かれながら、HATAHATAへ・・・。
THE BACK HORN

16:00 HATAHATA HAWAIIAN6
HATAHATAにつくと、すでに人だかり・・・やっぱ、今勢いのあるバンドだけにすごい人気だ、ハワイアン。
ハワイアンを聞くようになったのは、PIZZA OF DEATH繋がり。横山健好きから、なんやかんやで聞いたところ、メロウな感じにやられました。コード進行なんて、もうキャッチーの極致、それをベタにならず、かっこよい楽曲にしてしまうあたり、勉強になります!
ライブはというと・・・いっぱい泳いでる~ダイブ・ダイブ・モッシュ・モッシュ、客のペットボトルから水かけまくり、こうでなきゃ!という盛り上がり。
「A CROSS OF SADNESS」で切なすぎて涙して、「Days」でポジティブな歌詞に涙して・・・もみくちゃの中でライブを楽しむのもいいが、ちょっと離れたところから曲を楽しむのもいいもんです。ほんと、いい曲作るバンドだ。
Days
Not Fooling Anyone

17:10 HATAHATA ザ・クロマニヨンズ
ちょっとだらーっとしてHATAHATAへ戻ってみると・・・すげーさらに人だかり・・・。ほんと、脇から見るしかないじゃん!ま、次があるし、いっか。すごい人気だザ・クロマニョンズ!「地球の皆さんコンニチハ」って宇宙人のてい?って思いながらも、ヒロト・マーシーがいることに感動!本物だ!かっこいい!!!!!
と言いながら、実はベースのまさるの大ファンで、久々の再会に感動。すごい昔からファンで、SOY SAUCE SONIXというバンド(だれもしらんだろうが・・・)ではスラップ(昔はチョッパーって言ってたなぁ)ばりばり、コピーは難しいけれど、すごく勉強させてもらいました。そして、前のバンドSADSのライブではいつもまさるの前を陣取り、2度ほど固い握手とともにピックを直接頂いてしまいました!!!いい人だぁー
ということで、まさるのプレイ最高!ドラムはガーゴイルだった人?黒夢でたたいてたような・・・しっかりとした太鼓たたく人だなぁ。だれず、走らず、気持ちいいOnTimeなドラミング気持ちいいなあ。
ニンゲン!ニンゲン!ニンゲン!ニンゲン!・・・背中で聞きながら、泣く泣く次の会場へ。
紙飛行機(初回生産限定盤)

18:00 ARABAKI KEMURI
この荒吐に来るきっかけとなったのは、林田くん(仮)が「KEMURI見にいきませんか?」とさそってくれたことに始まりました。KEMURIのメンバーどころか、バックステージの人たちにも繋がりのある林田くん(仮)、ほんと誘ってくれて感謝です。HATAHATAでハワイアンを見ていたときに、偶然KEMURIのサックスの方に遭遇!!!私はよく分からなかったんですが、さすがは林田くん(仮)よく見つけました!すげえ・・・。写メ&固い握手をしてARABAKIステージに臨みました。
開演前、周りをみるとKEMURIのツアーT-SHUTを着た人ばかり。まさに、コアなファンが集まっているんだなーと。ということは、ここは大変なことになる?そして開演。曲が始まると、客もスカダンススタート!楽しい!苦しい!暴れるのきもちいい!・・・だが、いい年なので抑え気味で・・・。
遙か昔にレピッシュつながりで(トロンボーンのサポートがKEMURIだった増井)ちょっと聞いていたが、その後は離れていたもので・・・正直あまり曲はしりませんでしたぁ。でも楽しめた!PMAという精神を掲げて活動していたのは知っていましたが、KEMURIを目の当たりにして「これかぁ」と、ホント、体感することができました。前向きな感じ、なんか励まされます。今年度限りで解散するらしいのですが、せっかくこのバンドの凄さを体感したのに、もったいない・・・。強烈に記憶に残るバンドになりました。
ありがとうございました・・・。
our PMA

19:00 TUGARU SOUL FLOWER UNION
KEMURIの余韻を味わいつつ、途中だらーっとしながらTUGARUへ。そろそろフェスも終わりか、と考えると寂しくなります。TUGARUではもう演奏中。おお!中川だ!SOUL FLOWER UNIONとして見るのは初?というか何というか・・・。
かつてNEWEST MODELとMESCALIN DRIVEのライブを見に行ったことがあるが、その時に合体バンドで「SOUL FLOWER CREEK is the UNIVERSAL INVADER!!!!~」と演奏していたのを覚えています。すごく画期的なことやってると感動しました。その後、バンドが合体、SOUL FLOWER UNIONとなりパンクとも民謡とも分けられない日本的なロックで、これまた類を見ない感じが正に唯一無二。その後あまり聞いていませんでしたが、地道な活動は常に音楽誌でチェックしておりました。
狭いステージなのに、すごい人だかり。人気は本物です。中川、なんかオーラを感じる人だ。しかし目を奪われたのは、Keyの奥野!オルガンかっくいい!!きもちいい!!プレイヤーとして最高です。
バンドっていいなあ・・・と、最後のステージへ。
レヴェラーズ・チンドン
BEAST HITS~THE

19:30 MICHINOKU ウルフルズ
腹減ったのでフードコートへ。佐世保バーガー終了・・・食いたかったな。テナントが片づけを始めてる中、お好み焼きやでおばちゃんと交渉。こんにゃくゲット!結構こんにゃく食ってるなあ。名物なんか?で、MICHINOKUへ。
すげー人だらけ・・・。かなり後ろから、それも遊具の隙間にトータス松本が!1センチメートル大しか見えないけど、派手なパンツ、動き、まさしくトータス。
最近の曲は知らないけれど、なんか「ほっ」とする楽曲・演奏、年季が入ってます。生「ガッツだぜ!」に感動!
ベストやねん (PV付)(生産限定盤)

とうとう終演、会場出口ではボランティアスタッフの皆さんが最後の仕事(ごみ分別・回収)をしておりました。私も未ださめず、テンション高いままスタッフの皆さんとハイタッチ!ほんと、明るくて働きもん、皆さんのおかげでイベント会場すごいきれいでした!本当にお疲れ様でした!!

疲れながらも満足そうな群衆とともに、高速バスのある駐車場へ。
林田くん(仮)と、しばし語らいの時間・・・このイベントに参加できたのは、君のおかげだ!ホント、感謝してます。来年も来るか!と堅い約束をしてARABAKIを後に・・・。大好きなアーティストの音楽で歓喜し、普段あまり聞かない音楽にふれ発見があり、ちょっとエコロジーへの意識が高まり、友情が深まり・・・このイベントに感謝しています。来年も行くぞ!待ってろARABAKI!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2009年8月 »