« 2006年1月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/06/17

the band apart at青森Quater 6/16

この日が来た!!!!すごい楽しみにしていたthe band apartのライブです!
今回が3回目、前回見た時には声援を送りすぎて、ベースの原くんに「おまえ、自己主張強すぎるぞ!」と笑顔でお叱りをうけた中年の私ですが、めげません!

会場に入ると対バンのheが演奏中。CDもってるが、あんまり聞いてませんでした・・・。曲調は、なるほどバンアパの対バンだな、という感じ。テンポが急にかわったり、不思議なテンションコード・・・プログレッシブなんだけどさわやかな感じでした。演奏はとにかくうまい!確かにテクニックがある、いいバンドです。わかりやすいメロディーだったら絶対売れる!と、素人感想でした。

heがおわり・・・きた!the band apartです。
mockorangeとのスプリット、DANIELS.EPの中の「Led」からスタート!ギターがクリアーできもちいい!そして川崎の歌声、最高です。
その次は、最近のお気に入り!「Coral Reef」すげーかっこいいい!これまた気持ちいい!!!頭振りまくり!しかし周りは・・・さめている。でも、いいや。
その後も「the NOISE」「Higher」「Amplified My Sign」など、もういってしまう曲大集合です。「Fool Proof」「FUEL」など新旧まぜながら進み、来た!「Eric.W」会場のミラーボールが回り出した!!もうダンスフロアです!・・・自分一人でしたが。
締めは「Quake And Brook」最高のテンションで終了しました。

定番「When You Wish Upon A Star」が聞けなかったのは残念でしたが、やっぱり生は最高、バンアパ最高、唯一無二とはまさにこのバンドだと思います。
Thebandapart_1
agian gosic label

| | コメント (1) | トラックバック (0)

DopingPanda at青森Quater6/11

待ちに待ったDopingPandaのワンマン!
昨年、DopingFujiSchoolのツアーでフジファブリック、ART-SCHOOLと一緒に見ました。フジファブリックはキーボードが入り、ちょっぴりサイケな感じがあっておもしろかった!ART-SCHOOLはアルバム何枚か持っている、ちょっと興味あるバンドだっただけにすごく楽しめました。ただ、ライトが熱いといってさっさと切り上げていった・・・なんだそりゃ?

ドーパンを初めて見たのはthe band apartを見に行ったときの対バンでした。ノーチェックだったのですが、POPさ加減がかなりぐっと来てしまいました。その後も何度か弘前にきて、そのたびにロックスターに惚れていったのです。

フルアルバム発売して間もないということもあって、期待大で臨みました。
ライブスタート、アルバムと同じような流れにメロディアスな楽曲、最高です。特に期待していた曲「MORALIST」、かっこいい!!!!ボサノバでよく使われるけど、やっぱさわやかテンションコード最高!「Transient Happiness」も聞けたし、満足です。
アルバムでは打ち込みを多用していてライブでも使っているけど、結構ドラムがPADをうまく使って機械的な感じを出していたような・・。とにかくテクニックはかなりありますね。
ロックスターのテンション高いMCに、観客は聞き入ってしまっていました。ロックスター言うだけあって、みんなを引きつける何かを持っていますよ、ホントに。

メジャーになっても変わらない、というか、さらにクオリティーが高くなったDopingPandaですが、いつかCMで曲が流れる日も近い!と確信しています。
Dopingp_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布袋さん、すごいっすat八戸市民公会堂 5/21

「なんで八戸?」と思っていたら、青森市民文化会館が改修中のため、次に県内でコンサートが出来る場所としてここが選ばれているそうで。続々大物が来るようです。
そういえば、昔来たことがありました。黒夢解散してすぐにSADSを見に来たのでした。その時は、熱狂的な清春ファンの人たちが近くにいて「清春清春清春!」と叫んでいたのですが、翌月のRock'in JAPANを見たところ、そのことが記事になってるではないですか!ライターの方、目の前に座ってたんですね・・・。
布袋さんといえば、青森で2回ほど見ました。1回目は、ベースがPERSONSの渡辺!ギターが元MADの石垣愛!すげー・・・と布袋さんよりそっちに感動。渡辺がステージ脇に来たとき「ピックくれー!」と猛アピールしたら笑顔で投げてくれたのを覚えています。これ、家宝。2回目はベースが松井常松!おお!BOφWYだ!と感動したライブでした。

そして今回、仕事の都合で遅れて会場へ。25周年記念ということで、ベストアルバムも出たし、その中にはBOφWYの曲をセルフカバー・・・ちょっとメモリアルなライブになることは分かっていただけに、遅れたのはショックでした。

会場に入ると、いきなりアコースティックコーナー。「LONELY WILD」を演奏中!布袋さんだー金髪だーと感動しながら、まずはバックメンバーチェック!・・・誰も知らない。後で紹介されましたが、キーボード・マニュピレーター以外は新しい人たちのようで。布袋さんはいつも若手ギターリストを起用するけど、なんか育てている感があって、これまたプロ!と感じました。
曲は黄金ナンバー勢揃い、やっぱり私は「POISON」好きです。BOφWYの曲「DREAM'IN」も演奏、後で聞いた話ですが、「BAD FEELING」は最初の方だったらしく・・・ショック。

MCの中で、八戸におばあちゃんがいるとのことに会場「うぉー」と盛り上がったり、メンバー紹介では一人ひとりすごい愛のある紹介をしたりと、語りもなかなかいけています。

例のごとく楽器チェックをしましたが、布袋さんの足下には雑誌で見たオーダーメイドのフットスイッチが!エフェクタは全部ラックなのです。会場のスピーカーはサンレコで見たことのあるJBLの蛇腹のようなスピーカーで、高域・中域がはっきり聞こえると素人の耳にも分かりました。

ホールライブもいいもんだ。スーパースターはやっぱすごい。
ALL TIME SUPER BEST(通常盤)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZAZENBOYS at弘前Magnet4/29

耳がキーンとしたまま、弘前へ。
去年、弘前Magnetにはけっこうきました。the band apart,DOPING PANDA,BEAT CRUSADERS,ASPARAGUS・・・お気に入りのバンドはほとんどここでやってます。
ビークルの時は、ヒダカのお面ゲット!家宝です。グッズ売り場ではメンバーに遭遇し感動!!その時着ていたthe band apartのTシャツにDrのマシータが「いいよね、仲間なんだよ」と声をかけてくれました!そしてヒダカとも固い握手ができ、「同年代、お互いがんばりましょう」と心の中で誓ったのでした。
その次に来たときにはASPARAGUSがグッズ売り場に!シノブと握手が出来て、これまた感動!地方のライブはこういうことがあってたまりません。「木村カエラによろしく!」って言うの忘れてた・・・残念。

で、今回のZAZENですが、ほとんど昨日のセットリストと同じでした。一曲だけ違っていたかな・・・忘れました。相変わらずすごいテンション、特にリズム隊は本当に日本最強ですね。きもちいいくらいLOWが出てる、これこそ本物のリズム隊!町田のヤンキーがノリをうまく作ってる感じがしました。
昨日もそうですが、「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」が全然違うものになってました。これはこれでかっこいいのですが、やっぱ元のやつが聞きたかったです・・・。

今回は、なんといってもMCがおもしろかった。「ねぶた」と「ねぷた」の違い、煮干しだしのラーメンやまずかったラーメンの話・・・。向井と日向の話がなかなかおもしろいライブでした。

2日間のライブ、満足です。会場限定CDも2枚購入しました。さ、耳コピだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZAZENBOYS at青森Quater4/28

待ちに待ったZAZEN 2DAYSです!
向井のソロで会ったときの約束「ラッセラでお願いします。」を果たすため、盛り上げる意気込みでQuaterへ!
対バンなしのワンマンライブなので、こってりと楽しみましょう。

会場は、やっぱり若者がたくさんで、いい中年の私は場違いな感じ・・・しかし!負けずに最前列中央へ!
今回、一番楽しみにしていたのは、ドラムの松下敦を見ることでした。昔見たBuffaloDauterのライブや、ズボンズのプロモ(HotSpiceだっけ?)のバックで叩いている、このでかい人は誰だ?すごいノリ・・・と、すごく興味のあるドラマーでした。ZAZENからアヒトが抜けたとき、ちょっと頭をよぎったドラマーがこの「すごいノリの人」だったのですが、なんと加入したではないですか!すごく感動しました。もう最強でしょう!ということで、見るのをすごく期待していました。

スタートはもちろん「SugerMan」、CDで聞いたとき「こういう曲、ライブでやれるの?(再現できるの?)」と思っていましたが、なんと!すげーかっくいい!そのまんまやってるでないですか!みんな目を合わせて、息を合わせる・・・これぞバンド、この一体感がバンドをやる楽しさなんだよ!と、自分の思いを重ねつつ感動してしまいました。中でも一番燃えたのは「RIFF MAN」、たまらん!変拍子(6+8で数えればいいから、変ではないのかな?)気持ちいい~暴れまくりです。
向井の「カッ!」の一声で一斉に入る「METAL FICTION」、かなりのテクニック!そして練習なんでしょうねえ。(MATURI SESSIONっていうのか)
そして「FRIDAY NIGHT」、RHODESの響きに敦のバスドラ入りっぱなし、なんか雰囲気のある名曲です。
アンコールで感動したのが「半透明少女関係」、そんなに好きな曲ではなかったのですが、かっこよくなってる!ドラムの勢いがたまらない!かっこいい。

ライブ前半はあまり盛り上がりがなかったのですが、中盤からがすごい!ステージ前ではオーディエンスゆっさゆっさと揺れまくり、久々に気持ちよく、死にそうなくらい盛り上がったSESSIONでした。
今回は、向井以外の3人とガッチリ握手できました!中でも、町田のヤンキーからは手渡しでピックを頂いてしまった!!当分の間、家宝です。
感動の余韻を引きずり、2日目へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆず at青い森アリーナ 4/1

初のゆず体験、初のアリーナ体験でした。あ、幕張メッセでミッシェルのラストライブ見たんだった。思い出すと泣けてくる・・・。
で、かなりおもしろいと聞いてはいたものの、あまり乗り気ではなく会場へ。
開演時間の17:00、お約束らしいのですが、「ラジオ体操第一」スタート!あんなにたくさんの人がラジオ体操しているのは初めて見ました。すげ~
そしてゆずの登場!曲は詳しく知りませんでしたが、「あ、聞いたことある」と、耳にしたことのある曲をどんどん演奏していきました。
バンドの曲がほとんどでしたが、ゆずといえばアコギ。そして二人のハーモニーですが、ぐっときます!さすがです。
途中、コント仕掛けの劇をはさむなど、客を飽きさせない演出には感動しました。
「ホールでアコギ」って、ピンとこなかったのですが、伝わるものがあれば広さは関係ないんですね。かっこよかった!勉強になりました。
Home[1997~2000]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年10月 »