« ディスコなバンド | トップページ | 人生いろいろ、ボコーダーいろいろ »

2005/05/24

JV-1010のパッチをいじる

オークションで落としたRolandJV-1010をちょいといじってみました。みんなやってることだと思いますが・・・
USERのBANKをかえようと思ったら・・・本体のみでは替えられないということが分かりショック!しかし、調べてみたところ、フリーソフトでChangeIt211というのがあり、使ってみました。
PCからのMIDIケーブルをつなぎ、設定項目を入力。MIDIのチャンネルをあわせ、BANKの新規作成。そして、1~128の一つ一つの音色を設定。LFOだのEnvelopeだのエフェクトだの、かゆいところに手が届くすばらしいソフトです。正直知識が浅いもので、音色・音量くらいの設定しか使えませんが、いろいろとできそうなすごいやつです。

これをやろうとしたのはというと、バンドでKey担当しておるのですが、現在使っているKeybordであるCHARLIE LAB SplitBoard K61の音がちょっとへろへろだったからです。(GM音源)アウトボードの安く手に入るコンパクトなものを探していたところ、オークションで発見して落札。ハーフラックの大きさには満足しております。お金があれば、XV-2020が欲しいところなのですがね。で、MIDIでつなぎ演奏したところ、音は以前のものより断然良いです!もちろんですが。音の抜けが違うあたりが新しい機材の良さなのでしょう。
Liveまで時間があるので、もう少しいじってみたいと思います。

|

« ディスコなバンド | トップページ | 人生いろいろ、ボコーダーいろいろ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JV-1010のパッチをいじる:

« ディスコなバンド | トップページ | 人生いろいろ、ボコーダーいろいろ »