« 2005年4月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/05/26

人生いろいろ、ボコーダーいろいろ

魅惑のロボットボイスが出せるボコーダー(VOCODER)ですが、家にあるボコーダーをさがしてみました。

KORG MS2000R
おなじみのアナログシンセMS2000、そのラックタイプのRです。MIDIでKeybordをつなぎ、MS2000Rにマイクをつないで H09~ がボコーダーとなっております。反応がすごくよく、気持ちよいです。
BOSS VF-1
ハーフラックのマルチエフェクターVF-1です。Vocalのカテゴリーの中にあるVOCODERを選び、インプットにマイクをIN。結構おもしろい変化が味わえます。エフェクターなので自分の声を変化という感じですから、デジタルというより、アナログっぽい感じのロボットボイスが味わえます。
Degitech TALKER
ギターのエフェクターであるTALKERですが、今は製造終了と言うことでビンテージエフェクターになりつつあります(なってるのかな?)。カブトガニのような本体の後ろのINPUTにギターとマイク、OUTPUTをアンプにつなぎスイッチオン!おもろい!!押さえる弦に反応して、みごとなロボットボイス!キーボードのあまりひけない私にしてみれば、ギターでやるのは大変に楽だし、思ったように音が出せて良いです。ただ、outのレベルを調節するのがちょっと難しいと感じました。

応用編
MIDIギター→GR-33→MS2000R
GodinLGXTにはピエゾピックアップがついていまして、GRのOUT端子が内蔵されています。値は張りましたが、自慢の1台です。で、これをRolandGR-33につなぎ、GR-33のMIDI OUTからMS2000RのINへ。そうすると・・・TALKERを使ったのと同じ感じのことができます。MS2000Rの音が気に入っているためなかなかよろしいのですが、ただ、ギターをひくときの微妙なタッチや音の遅れがきになるところで・・・。コードでジャーーンとひく分にはいいのですが、単音で速くひくとちょっときになるかなあ・・・と。となると、ギターでボコーダーを使うならやっぱりTALKERの反応が良いと思います。

やらないだろう、でもおもろい編
SplitBoard→MS2000R
折りたたみのできる不思議なキーボードCharlieLAB SplitBoard ですが、おもしろ機能としてDigitarという楽器がついています。6本の鉄の棒が張ってあり、キーボードのほうでコードを押さえ、鉄の棒をはじくと・・・なんと!ギターの音が出ます!といってもキーボードの音源の音なのですが、弦のはじき方を変えるとなかなかそれっぽく聞こえます。アルペジオでひくとなかなかよいです。
で、DigitarをMIDIでOUTして、MS2000Rの音源を使いボコーダーボイス!んーー使えなくはない。これもありかなと・・。MIDIの遅れは気にならない程度だといいますが、これはちょっと反応の遅れが気になるような・・・・。

ということで、やっぱりギターやる人はTALKERだと思いました。キーボードがばりばりひけるなら鍵盤もので。
microKORG欲しいーーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/24

JV-1010のパッチをいじる

オークションで落としたRolandJV-1010をちょいといじってみました。みんなやってることだと思いますが・・・
USERのBANKをかえようと思ったら・・・本体のみでは替えられないということが分かりショック!しかし、調べてみたところ、フリーソフトでChangeIt211というのがあり、使ってみました。
PCからのMIDIケーブルをつなぎ、設定項目を入力。MIDIのチャンネルをあわせ、BANKの新規作成。そして、1~128の一つ一つの音色を設定。LFOだのEnvelopeだのエフェクトだの、かゆいところに手が届くすばらしいソフトです。正直知識が浅いもので、音色・音量くらいの設定しか使えませんが、いろいろとできそうなすごいやつです。

これをやろうとしたのはというと、バンドでKey担当しておるのですが、現在使っているKeybordであるCHARLIE LAB SplitBoard K61の音がちょっとへろへろだったからです。(GM音源)アウトボードの安く手に入るコンパクトなものを探していたところ、オークションで発見して落札。ハーフラックの大きさには満足しております。お金があれば、XV-2020が欲しいところなのですがね。で、MIDIでつなぎ演奏したところ、音は以前のものより断然良いです!もちろんですが。音の抜けが違うあたりが新しい機材の良さなのでしょう。
Liveまで時間があるので、もう少しいじってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年11月 »